公認会計士の活躍の場の大半を占めるのは監査法人

公認会計士の資格を取得し、公認会計士として働ける状況になったとします。では公認会計士の活躍の場とはどこなのでしょうか?

仕事が何でもできる男性のイメージ

まず半数以上の公認会計士は、監査法人で活躍しています。監査法人とは言葉通り、監査を専門的に行う特殊法人の事です。企業は必ず、決算を行わなければいけません。

そして決算が正しく行われているか、数字を通して確認するのが、公認会計士の主な業務だと言えます。監査業務は、公認会計士の資格がなければ行う事ができません。

ですから、公認会計士になれば、将来的に独立を考えている人でも、まずは監査法人で経験を積む人が少なくありません。監査法人は東京だけでなく、地方にも存在しています。

ですが、大企業の多くは、東京に本社を置いているため、公認会計士の求人も東京が最も主要な活躍の場だと言えるでしょう。

監査法人以外の活躍の場は、コンサルタント会社です。公認会計士としての知識を生かし、財務状況を把握した上で、経営戦略や、赤字企業ではコストの削減や、最近増えつつあるM&Aなど、会社が収益をアップするために、様々な相談やアドバイスを行うのが主な業務となります。

またコンサルタント業務に関しては、コンサルタント会社に所属していなくても、一般の企業に就職し、経理や財務部で働きながら、自社の経営戦略を行うケースもあります。

そして最終的に、独立を目指すという人も少なくないでしょう。個人会計事務所として、財務書類を作成したり、財務やコンサルタント業務など、大手から中小まで、取引先の企業をサポートします。

しかし、新人がいきなり個人会計事務所を開業しても、経験不足で成り立ちません。あくまでも経験を積んで、実力を身に着けた後で、独立するのが基本です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする